不動産を贈与したいときに気をつけなければいけないことその1

長年、一緒に住んでいた家や土地を、特定の人に生きている間に渡したいと思うときに、気をつけなければいけないのが「贈与税」だ。その、確実に渡したい人が妻や子供ならば、「遺言状」というかたちで、譲る人を特定すればいい。それでも「相続」というのは「民法」という法律で、「何親等」とかで「法定相続分」というものが決められている。普通は、自分が亡くなった時にはその「法定相続分」によって、遺産分割がされる。でも、「家」やその家が建っている「土地」という「不動産」は、「この人に渡したい」もしくは「この人に残したい」という思いが強いものだ。だからといって、生前にうかつに不動産登記によって「所有権移転」をしてしまうと、相手に思わぬ迷惑がかかる場合がある。日本の民法では財産は固有のものである。

地金買取会社

屋形船が今大人気

払い過ぎたお金が返ってくる!?

東京で「個人再生」をお考えの方は、法律事務所にご相談ください。

東京都 漢方薬